HOME > 会社案内 > 板金いろは > タップ加工

タップ加工

ネジ穴を立てる加工です。打ち抜き加工でネジの下穴をあけておき、その下穴にメネジをつくります。

タップの方式には切削式転造式の二種類があります。
切削式では下穴の直径がメネジの山の直径になるように、下穴を切り削ってメネジの谷部分を作っていきます。
転造式では下穴の金属を押し広げてメネジの谷をつくり、押された金属を谷と谷の間に集めて山を作ります(塑性変形の一種で、金属を削るのではなく、強い力を加えて変形させています)。

切削式では切り屑がでるのでコンピュータのケースなど基板を取り付ける必要があるものにはお勧めできません(万が一切りくずが残留して通電中の基盤をショートさせると、大変なことになります)。しかし、タップ加工時にタップを回す為の力(トルク)は比較的小さくて済み、下穴の精度もそれほど要求されません。

転造式では切り屑が出ませんから、切り屑によって発生する問題とは無縁です。しかし、必要なトルクは切削式より大きく、下穴の精度も要求されます。

タップ加工