HOME > 会社案内 > 板金いろは > NC工作機械とは?

NC工作機械とは?

精密板金加工について具体的に説明しようとすると、「NCプレスブレーキ」や「NCスタッド溶接機」などのように、名前に「NC」のつく工作機械たちについて説明せねばなりません。この「NC」とはどういう意味でしょうか?

これらNC工作機械は英語では"Numerically Controlled Machine Tools"と言います。これを日本語に訳すと「数値で制御される工作機械」といった具合になります。
この「数値で制御される」という部分、"Numerically Controlled"の頭文字をとったものがNCなのですが、「数値で制御される」とはつまりどういう事かと言うと、「コンピュータ制御されている」という意味です。

つまりNC工作機械は、コンピュータ制御によって高い精度での工作を可能にした機械だということになります。

これらNC工作機械には、「抜き」に用いるNCタレットパンチプレス(打ち抜き加工参照)や「曲げ」に用いるNCプレスブレーキ(曲げ加工参照)、金属板にネジ類を溶着させるNCスタッド溶接機(溶接加工参照)などがあります。

最近のNC工作機械は機構の工夫やコンピュータ内のプログラムなどによって、加工精度を確保するのみならず、これまでの職人のノウハウのほとんどを吸収したNCが装備されています。

その上にオペレータ(実際の製品ごとにどのような加工をするか、機械の動きを指定し、管理する人)の技術が加わり、高精度の部品・製品を製造することが可能になっています。

NC工作機械とは?