HOME > 会社案内 > 板金いろは > 切断加工-シャーリング

切断加工-シャーリング

板材を所定の寸法・形状に切り出します。ツボタテクニカでは鉄の板であれば3.2㎜厚まで、ステンレスであれば3.0㎜厚まで自社での切り出しが可能です(それを超える場合は社外委託しています)。

シャーリングというのは加工法の名前であり、機械の呼び名でもあります。シャーリングは英語の"shear"を語源とした言葉で、「せん断」という意味です。鋏のように物を挟んで力を加えて断ち切る加工や、そのために使う機械を指します。

※この「せん断」については打ち抜き加工のところでも、もう少しだけ詳しく紹介しています。

このシャーリングの段階で誤差のない寸法で切り出すこと、きちんと直角を出すことがその後の工程の効率を左右します。

せん断加工-シャーリング