HOME > 会社案内 > お知らせ一覧  > 技術試作品の紹介(1)

お知らせ

技術試作品の紹介(1)

精密板金加工の株式会社ツボタテクニカ(本社:兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬713/代表取締役 坪田隆義)では、保有する加工機の能力を生かした加工技術の研鑽の為、試作品を製作いたしました。

【ファイバーレーザー溶接機による溶接技術試作】


本試作は、やや複雑な立体形状を溶接で製作することを目標に行ったものです。
曲げ部で部品を分割して溶接すると、溶接箇所に隙間が出来てしまいます。
これを避けるため、曲げ部から少し離れた平面部分で部品を分割し、突合せで溶接しました。

実際の加工

写真下段が溶接直後、上段が仕上げ後の試作品です。
板厚1.6mmのA5052材を使用しているため熱の影響を受けやすく、手溶接では外観、量産性ともに問題があるため、ファイバーレーザー溶接機を使用して歪を抑えた溶接を行っています。

ツボタテクニカでは今後も試作による加工技術の確立に努め、お客様からの高難度加工のご期待、ご依頼に応えられるよう努力してまいります。


以上
(2019年12月6日公開)

株式会社ツボタテクニカについて

精密板金加工の株式会社ツボタテクニカは、機械組立や電気配線、キオスク情報端末等のオリジナルブランド「インフォームプラス」(ウェブサイトはこちら)も展開する精密板金加工企業です。神戸を拠点に創業以来50年、医療機器や金銭機器の製造・組立を得意とし、大阪・神戸など関西エリアのお客様のみならず関東から九州まで全国のお客様にその技術を提供しています。

株式会社ツボタテクニカの以前のニュースリリースについて

精密板金加工の株式会社ツボタテクニカでは会社の最新動向について積極的にニュースリリースを配信してまいります。以前のニュースリリースは、「お知らせ一覧」のページからご確認ください。

直近のニュースリリース・・・「複合溶接ロボットシステムを導入」

このニュースリリースに関するお問い合わせ

  • 株式会社ツボタテクニカ
  • 管理部 営業課  吉田雄介
  • TEL.(078)974-1538(代)  FAX(078)974-1592